男の人

インターネットの引越しの手続きはお早めに|バタバタしない為に

記事一覧

データの紛失に備える

パソコンを操作する人

IT機器を使って業務を進める場合、データ損失は大きな障害です。ハードディスクの物理的故障からデータ復旧を試みると、多額の費用を業者に払って依頼する必要があります。そこでRAID機能を備えたNASを導入して、ハードディスクの物理的故障に備えることをおすすめします。

詳しくはこちら

会社移転とネットの手続き

システム

移転の連絡は早めに

現代のビジネスは、電子メールの送受信はもとよりホームページの運営やSNSによる情報発信など、インターネットが欠かせない存在となっています。そのため、オフィスの移転などを行う際は、インターネットの引っ越し手続きも忘れずに行う必要があります。インターネットの引っ越しで最も基本的かつ重要なことは、早め早めの手続きを心がけることです。移転先でも引っ越し直後からインターネットが使えるようにするには、回線工事に要する期間をあらかじめ見積もっておく必要があります。一般的には引っ越しの2週間前ぐらいまでにプロバイダに連絡すれば大丈夫ですが、3月など移動の多いシーズンは余裕を持って1か月前ぐらいに連絡するのが望ましいとされています。

メールアドレスに注意

次に、モデムやルーターなどの接続機器ですが、これは移転先で新しいものに交換し、これまで使用してきたものは返却するのが普通です。ただし買取り機器の場合は返却の必要がありません。返却期日や方法等については事前に確認しておきます。注意が必要なのは、メールアドレスの取扱いです。引っ越し先でも引き続き同じプロバイダと契約するのであれば同じメールアドレスが使用できますが、別のプロバイダと新たに契約する場合は使用できなくなります。新しいプロバイダからメールアドレスを取得したら、取引先等にすみやかに通知する必要があります。ただしプロバイダによっては、ダイヤルアップ接続など月数百円程度の一番安いコースに変更して契約を継続することで、以前のメールアドレスをそのまま使える場合もあります。

会社でネット保存を使おう

ネット

会社全体で同じファイルを共有できるのが法人向けのオンラインストレージです。複数のサービスが用意されていて、それぞれ内容が違うので選ぶ際はチェックする部分に注意しましょう。ファイルのセキュリティや更新頻度は見ておかないとだめです。

詳しくはこちら

利便性が高いシステム

ネットワーク

販売管理は、ビジネス上で大きな役割を果たします。そしてクラウドシステムを使用したPOSシステムなどを積極的に導入するケースが多くなっています。クラウドシステムのメリットは外出先などインターネット環境さえあれば、実現可能なのです。

詳しくはこちら